私の故郷えりも

この記事を51年前に亡くなった私の祖父が見たら本当に喜ぶだろうな。祖父は議員でえりも町の商工会議所、漁業組合、森林組合の所長をしていたと思う。えりも町を愛して尽力した人物だった。私も幼少期はここで育ててもらったらしい。毎年夏休みはえりもに1人で1ヶ月を過ごして東京に帰るのがパターンになって12歳までは通ったかな。何にもない所だけど、海が好きで水揚げされる魚を見に船着場に行ったり、昆布取りを見てたり、手伝ったり、山に行ったり、馬や牛を見たりして育った気がする。懐かしい思い出の場所。もう、祖父祖母に父母もこの世に居ない。いつかまた逢いたいな。

前の記事

高野山に御報告